【FPS初心者講座】DPIとは何?ポーリングレートって何?高い低いのメリット・デメリットを理解しよう!【プロのデータも参考に】

みなと

こんあみ!みなとです

DPIとは何?ポーリングレートって何?高い低いのメリット・デメリットを理解しよう!

DPIって何?何が違うの?

まずFPSで一番最初に理解しておきたいのが
「感度」についてです
そこで関係してくる大事な単語が「DPI」です

あおい

DPIって何?

dpi(ディーピーアイ、DPIとも表記)とは、解像度を示す単位である。dots per inchの略で
1インチ(1平方インチではない)の幅の中にどれだけのドットを表現できるかを表す。

プリンターや走査(スキャン)の性能表示として用いられる。
また、プリントサイズと対にすることでコンピュータ上で用いる画像データの精度を表す単位としても用いられる
ピクセル数を表すppi(pixels per inch)と区別して用いられる。(Wikipediaより引用)

マウスのDPIに関して言うと
「読み取りの細かさ」ぐらいに思って貰ったらOKです
下の画像を見てください


仮に0~5までの長さがあるとして
DPI 400は、長さ1毎に1回読み取りをします
そして、DPI 800は、長さ0.5毎に1回読み取りをします

ここでポイントなのが
「ある一定の長さまでマウスを動かさないと反応しない」
というところです
例えばマウスを「0.8」動かしたとします
DPI 400:反応するのは「1.0」毎なので「0.8」は読み取られず移動距離は「0」
DPI 800:反応するのは「0.5」毎なので読み取られる移動距離は「0.5」

つまり「DPIが高い方が、より細かい動きを認識してくれる」という事です

あおい

じゃぁ高い方が良いじゃん!
そうとも限らないんだよね

みなと

DPIが低い方が不利?

全然そんなことはありません

DPIが高いという事は
「ちょっとのミスも全部反映される」
というデメリットがあります
そして、DPIが低いという事は
「少々動かしすぎても大丈夫」
というメリットがある訳です

高DPI
  • 繊細な操作、AIMができる
  • その分ミスが出やすい
低DPI
  • 高DPIに比べ、ざっくりと狙える
  • 精密なAIMがしにくい

結論としては
「操作精度に自信があるならDPIを高くする」
といった感じです

eDPIも覚えておこう

DPIと似たような単語で
「eDPI」という言葉があります
これは、いわば「ゲーム内の総合的な感度」のことです

計算式としては
「DPI×ゲーム内感度(センシ)」です
その人がどれくらいの感度でやってるかの目安になるので
覚えておきましょう

ポーリングレートって何?

あおい

ポーリングレートって何?

ポーリングレートとは、1秒間で何回デバイスからPCへ情報を送信するかを表すものです。
レポートレートとも言います。単位はHz(ヘルツ)。
1000Hzであれば1秒間に1000回、言い換えると1ms(1ミリ秒、1000分の1秒)ごとに
PCへ情報を送信します。 (DPQPより引用)

こちらの方は割とシンプルです
高ければ高いほどより沢山の報告をPCにする
というわけです

あおい

じゃぁ今度こそ高い方が良いじゃん!
そうでもないんだよねぇ

みなと

高いと低い、どう違う?

割とDPIと似たような違いになります
高ければ高いほど
より正確に操作を読みとってくれ
低いと安定した操作感が得られます

感覚的なものですが
レートが高い方が「滑る」という感じです
そして、レートが低い方が簡単に止めれます

この辺りは本当に好みになります

実際のプロの感度一覧

参考までに日本、海外で活躍する
プロの名前とDPI、マウス感度、eDPIを一部紹介します
是非参考にしてみてください

ゲーム DPI マウス感度 eDPI Hz
Ras APEX 1200 1 1200 1000
Imperial Hal APEX 400 2 800 1000
Albralelie APEX 800 1.5 1200 1000
Crylix APEX 400 2.4 960 1000
すでたき APEX 800 1.4 1120
TenZ Valorant 800 0.485 388 1000
Laz Valorant 800 0.355 284 1000
Seoldam Valorant 800 0.47 376 1000
Derke Valorant 400 0.74 296 1000