【糖尿病について】なぜ糖尿病になるの?原因と種類について

糖尿病の原因と特徴

みなと

皆さんこんにちは!”みなと”と申します
こんな人が書いてます
  • 現役看護師&フリーランス
  • 新卒の頃に、うつ病&適応障害を発症
  • 仕事が続けられなくなり、フリーランスに転向
  • メンタルコントロールに成功。
    抗うつ、抗不安、睡眠薬すべての薬から離脱
  • 看護師として復帰するも
    2022年4月に突然1型糖尿病を発症

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

なぜ糖尿病になるの?原因と種類について

詳しく知りたい方は専門のページがあるので
そちらを御覧ください
ぼくは「多くの人に知って貰う為」に
簡単な内容を紹介していこうと思っています

参考 トップページ糖尿病情報センター

少し整理

さて、みなさん少しおさらいですが

  • インスリンの働きが悪くなって高血糖状態になる

というのが糖尿病と説明しました
そして「インスリンが働かない」という状態には

  • インスリンの分泌が足りなくなる
  • インスリンが働きにくい体質になる

という2つの原因があることも説明しましたね
それぞれについてもう少し詳しく説明しましょう

①インスリンの分泌が足りなくなる

インスリンは「膵臓」という
臓器から分泌されています

そして、何らかの原因で
膵臓が機能しなくなってしまう
というパターンです
(ぼくはこっちのパターンです)

1型糖尿病」という名前がついています

じゃぁ、なんで膵臓が機能しなくなっちゃうの?
って話なんですが

  • 自己免疫性(90%)
  • 特発性(10%)

と言われています
自己免疫性は
「何らかの拍子に自分の免疫が膵臓を攻撃してしまう」
とのことですが、結局原因は良く分かっていません
また、特発性は完全に原因不明です
平たく言うと「どちらにせよ、よくわかってない」です

ウィルスで膵臓がダメージを受けたり
癌による膵臓切除などが原因ってパターンもあるそうです

原因
  • 膵臓の切除など
  • ウィルスも原因になったりする
  • 生活習慣は関係ない
  • 遺伝も関係ない
  • 大体は自己免疫性(結局よくわかってない)
特徴
  • 血糖コントロールが非常に難しい
  • 一生インスリンの補充が必要
  • 現状維持がベスト
  • インスリンさえ補えば
    今まで通りの暮らしができる

②インスリンが働きにくい体質になる

一般的に「糖尿病」はこちらを示すことが多いです
遺伝的要素でインスリン分泌がやや低下したり
肥満、過食、ストレス、運動不足など
生活習慣によってインスリンが効きにくい状態になると
相対的にインスリンが足らなくなります

2型糖尿病」という名前がついていますね

こちらの方は
「生活習慣病」という別名があるぐらいの病気で
普段の生活の仕方が大きく関わっています

重症度にもよりますが
体の機能としては残っているので
本人の努力次第で経過が大きく変わるのも特徴です

ただその分、治療の為に
運動や食事に関する制限が厳しいので
非常に根気が必要です

原因
  • ストレス
  • 遺伝(インスリン分泌が少ない)
  • 日ごろから甘いものの摂取が多い
  • お酒を頻繁に飲んでいる、量が多い
  • 運動をあまりしない
  • 外食が多い
  • 脂っこいものが多い
  • ストレスフルな生活を送っている
  • 主に生活習慣が原因
特徴
  • 1型よりは血糖コントロールはしやすい
  • 人によって内服、インスリン等
    治療方法、回数が変わってくる
  • 生活習慣の改善が必須

といった感じになります